ミャンマー人と日本人、タイ暮らし🇲🇲🇯🇵

タイに住んでいる日本人妻×ミャンマー人夫の国際結婚夫婦です🇹🇭

【ミャンマー料理】Mandalay Food Houseに行ってみた🇲🇲

5月13日にタイに到着してからもうすぐ1週間が経つんですが、実はまだタイ料理のレストランには一度も行っていません。辛い料理は好きなんだけど、タイ料理は辛すぎて食べると口の周りにニキビがたくさんできるんです…

その代わり、ミャンマー料理のレストランには二軒行ってきました。

今日は一軒目のMandalay Food Houseについて!

 

場所とアクセス方法

Mandalay Food Houseの最寄り駅は二箇所あります。

それぞれBTS Ratchathewi駅から徒歩9分Airport Link Ratchaprarop駅から徒歩11分です。

私たちは車で行ったんですが、道が細いし車を停めれそうな場所も少なくて結構ストレスフルだったので自家用車で行くのはあまりお勧めしません。

 

メニュー

メニューの写真を撮り忘れてました!!

Mandalay Food HouseのFacebookページにメニューがしっかり写真付きで載っていたので、代わりにそちらのリンクを貼っておきます。

Mandalay Food House

ちなみにメニューはミャンマー語🇲🇲タイ語🇹🇭英語🇬🇧の3言語で書かれています。

英語があるので外国人でも安心して行けます!

ちなみに私はミャンマー語はからきしダメで、タイ語はまだまだ勉強中なので、英語表記が本当にありがたいです。

 

実食(写真付き)

実はこの日、私たちカップルにとって6年ぶりの再会、そしてなんと付き合い始めてから初めて会う日ということもあって大盛り上がり!

こんちゃんは私にいろんなミャンマー料理を試してほしかったようで、二人で行ったのにこんなにたくさん注文しました。

(一部食べかけでお見苦しい写真、すみません!)

ナンヂートウッ


うどんくらいの太さの麺料理で、食べる前にかき混ぜちゃうみたいです。

トッピングで載っているひよこ豆の天ぷらがクリスピーでめちゃくちゃ美味しい!

そのうち油でふやけてきちゃうので、天ぷらは早めに食べちゃった方がいいかな。

ちなみにそれなりに辛いんですけど、味わうだけの心の余裕を持てる辛さなので安心してください。

セイッターチャン(羊の干し肉)

干し肉を油で戻したものらしいんですが、そこまで油っこくもなくて食べやすかったです。

酒の肴に良さそうな味でした。

ただこんちゃん的には油につけてる時間が長すぎたようで、それがたまたまそうだったのかそれがお店のスタンスなのかはわかりません。

シャンのライスサラダ

こんちゃんが名前を教えてくれたけど、どうカタカナに直せばいいかわからなかった!

シャン料理はやっぱり食べやすいし美味しいですね。

トッピングのミャンマー納豆やパイナップルが良かったです。

あと付け合わせのシャンの漬物も美味しかった!

ギーマ

薄皮にチキンなどの具が包まれていてほくほく美味しい料理。

サモサを薄べったく伸ばしたみたいな感じ。

ソースにディップして食べるんですけど、病みつきになる味でした。

 

その他追加情報

トイレ

店内にトイレはなかったですが、歩いてすぐの距離のトイレを使うことができました。

店を出て左に少し行くと広くなっているところがあり、その奥の階段を登ると女性用トイレがあります。男性用トイレは見当たらなかったので、多分一つ上の階にあるんだと思います。

洋式の水洗トイレでしたがトイレットペーパーがなかったので、ティッシュ持参で行くことをおすすめします。

持ち帰り

食べきれなかった分は箱に詰めて持ち帰ることができます。

私たちもどの料理も少しずつ残してしまったので、全種類持ち帰りました。

ただ、干し肉は油が悪くなっちゃうので持ち帰りには向いてなかったです。

 

感想

タイで初めていくミャンマー料理レストランでしたが、最高に美味しかったです!

どれも美味しかったけど特に気に入ったのはナンヂートウッです。

あと驚いたのが、各席にお茶とお茶請けのタマリンドの砂糖菓子(?)が置いてあったということです。

飲み水にお金を払うのが普通のタイで、無料の飲み物が席についているのはありがたいなと思いました。

 

まとめ

というわけで、タイについてからのブログ第一弾はミャンマー料理のMandalay Food Houseについてでした!