ミャンマー人と日本人、タイ暮らし🇲🇲🇯🇵

タイに住んでいる日本人妻×ミャンマー人夫の国際結婚夫婦です🇹🇭

【ミャンマー料理】Kalyana Restaurantに行ってみた🇲🇲

バンコクにあるミャンマー料理レストラン紹介、第二弾です。

今回紹介するのはKalyana Restaurantです。

 

第一弾はこちら ▽

naakowl.hatenablog.com

 

場所とアクセス方法

Kalyana Restaurantの最寄り駅はAirport Link Ratchaprarop駅です。

その距離なんと徒歩1分!

私たちが行ったときは降り口を間違えてしまっていくつか信号を渡って行かないといけなかったんですが、ちゃんとしたところから出れば直進ですぐKalyana Restaurantにたどり着けます。

この大通りをちょと歩いて右側です。通りが大きいだけあって歩道が広いので安心して歩けます。

タイの歩道ってめちゃくちゃ狭かったり水が滴ってたりタイルから水が噴き出してきたり、なかなか手強いんですよね…

 

メニュー

Facebookにもホームページにもメニューページが見つからなかったのですが、どんな感じかはこちらのリンクから確認できると思います。

Kalyana Restaurant

Facebookは全てミャンマー語で書かれていますが、お店のメニューには英語と中国語があったので安心してください。

中国語はわからないけど、漢字である程度は推測できるのでありがたいですね。

 

実食(写真付き)

ラペッタミンジョー

ミャンマー料理といえばラペッ(個人的に)なのですが、そのラペッの混ぜご飯です。

めちゃくちゃ美味しい!感動!

揚げてあるナッツと一緒に食べたら食感も最高!

ちなみに添えてあるチキンも美味しかったです。

こんちゃんはこのお店に行ったら絶対ラペッタミンジョーを注文すると言っていました。

シャンカウスエ

言わずと知れたシャン州の代表料理、シャンカウスエです。

汁ありと汁なしがあるんですが、今回は汁ありを頼んでみました。

こんちゃん好みの味ではなかったようですが、私的にはとても美味しかったです。

でもラペッタミンジョーの方が美味しかったかなあ…

ちなみにこのミャンマーの箸、結構太くて持つのが難しかったです。

 

トーフージョー

この黄色い三角のフライがトーフージョーです。

日本の豆腐と違い、ミャンマーシャン州のトーフーはひよこ豆からできています。

外はカリッと上がっていて中はフワッともトロッともつかないような食感のトーフーがたまらない!!

味にも一切クセがなく、すっごく食べやすい味です。

シャンカウスエと一緒に注文するのがいいんだよってこんちゃんが言ってました。

ファルーダ

ミャンマーのデザート、ファルーダ!

グラスの底にピンク色のシロップが溜まっていて、ミルクとかき混ぜます。

中に入っているのはカラフルなゼリーとアイスとバジルシードのようなもの。

甘くて冷たくて夏にぴったりのデザートです。

ただ私には量が多かったので、しっかり食べた後に食べ切るのがなかなか厳しかったです。

デザートというよりは3時のおやつに食べたいな〜という感じ。

 

その他追加情報

実はこのお店の宣伝動画を以前こんちゃんが撮影したんです。

www.facebook.com

なかなかいい感じなので、ぜひ見てみてください!

 

まとめ

というわけで、今回はバンコクにあるミャンマー料理レストラン紹介の第二弾で、Kalyana Restaurantを紹介しました。

バンコクにはまだまだたくさんのミャンマー料理レストランがあるので、また開拓したらブログで紹介しますね!